ジャグリングがあるということ

こんにちは。
ハードパンチャーしんのすけです。

ハードパンチャーしんのすけ

最近、10年以上前に受けたインタビュー記事をいくつか読み返す必要があり読んだのですが、なんだか眩しかったのです。

あの頃の強さというか、まっすぐさが今あるかしらと…と思うと、当時の目標をきちんと達成していないままに、何かをした気になってるんでないぞ、と反省しました。

目標が変わることもあるでしょう。
そこは柔軟にしつつ、けれども軸はぶれずに、熱量を持って進んで行きたい。

…などと考えている時に、レッスンから広がって考えたことを書き残します。

レッスンのツイート

ジャグリングがある

コロナウイルスの感染拡大が進み、緊急事態宣言下にある現在です。
そんな中でレッスンを続けてくれている生徒さんには感謝ですし、
状況を考えて教室を休むという決断をした生徒さんが自粛生活の中でも、ジャグリングを楽しんでくれていたらいいなぁ、と思います。ひとりでも、ちょっとしたスペースさえあればできるのがジャグリングの良いところですし。

思うと、ジャグリングを続ける、というのはなかなかたいへんなことです。

個人レッスンの生徒さんが言ったように、一つの目標が過ぎ去れば気も抜けようし、
今回の非常事態宣言のように習うこともままならない事態になれば、続ける意識を持ち続けるのはたいへんかもしれない。

そんな時にこそ、ジャグリングを続けるためには
「ジャグリング楽しい!」
という気持ちをいかに持っているかが大切でしょう。

そして、今の時世だからこそ、そんな気持ちの種を心に蒔くレッスンや発信をしなければと思う次第です。

人生のたいへんな時にでも、ジャグリングはそっと側にいてくれて、ぼくは救われています。
みんながみんなジャグリングで救われるわけではないけれど、たぶん、ジャグリングがぴたりと来るひともいて、こんな時だからこそ、ちょっとでもジャグリングが広がって、そんなひとに届くといい。

風呂敷広げ過ぎかな。

けれども、ジャグリングに関わり行動をする時に、ぼくの根底には「ジャグリングで学び、救われた体験」があります。
この気持ちを大切に、一つ一つ大切にジャグリングを伝えて行きます。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容
公演案内資料希望公演依頼ジャグリングレッスンメッセージ

具体的なお問い合わせ内容を記入お願いします。

緊急事態宣言下のジャグリング教室開催について

最終更新日 2021年1月11日

2021年1月8日からのコロナウイルス緊急事態宣言を受け、しんのすけがカルチャースクールにて開講中のジャグリング教室も、変更があります。

緊急事態宣言中は、以下のスケジュールにて実施します。
赤字は時間変更あり 緑字は休講です。

いずれの講座も、緊急事態宣言解除後には、通常の開講時間に戻ります。

以上、よろしくお願い致します。

しんのすけ

お問い合わせ

上記教室のほか、対面レッスンやオンライン個人レッスンも承っています。ジャグリングをぜひ一緒に楽しみましょう♪

質問やお申し込み等ありましたら、以下のフォームよりお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容
公演案内資料希望公演依頼ジャグリングレッスンメッセージ

具体的なお問い合わせ内容を記入お願いします。

【レッスンレポート】ジャグリングの練習を効果的にするには

こんにちは。
ハードパンチャーしんのすけです。

ハードパンチャーしんのすけ

最近は個人レッスンという形がとても好きです。
複数人数をジャグリングを伝える「教室」という形も、もちろん、楽しさがあるのですが、
ジャグリングをそのひとの状況に寄り添って伝えるという意味では、個人レッスンが何よりです。

先日の個人レッスンの後には、こんなツイートをしました。

ここに書いてあるように、この一年で「ここまでできたらいいな」というイメージは、ぼく自身の中にはあり、それが実現できるように、ぼんやりとイメージを組みつつ、毎回のレッスンを行います。「ぼんやりと」と書いたのは、実際にはレッスンがイメージ通りに進むわけではないからです。
むしろ、イメージ通りに進まないところこそ、そのひとが上達する点が隠されているので、そこを探るのがレッスンであったりもするわけですが。

そんなわけで、レッスンの終わりには、毎回
「次回までに集中して練習してほしいこと」
を伝えています。
それが次のレッスンにつながります。


前回「【レッスンレポート】効果的な練習とはなんだろう」という記事をアップしましたが、今回は先に述べたような観点から、練習を効果的に行うためのヒントをお伝えしますね。

しんのすけジャグリング教室 ロゴ

問題:練習を効果的にするために行うことは?

ここまで書いてきて、大方答えは出ているのですが…

  • 目標を明確にする
  • 目標を達成するために行うことを決める
  • 練習する
  • 練習した内容を振り返る

以上が大切になります。

もう少し詳しく書くと…

大きな目標を、小さな目標に分解する。
それを実現するために必要な練習を考え、具体的な目標を設定する。
そのより小さな目標を達成するために必要な練習を考え、具体的な目標を設定する。
…と続けて、いますぐにできるだけの小さな目標まで分解する。
実際に練習して、できること、できないことを明確にする。
それに即して、小さな目標を修正し、また練習する。
これを繰り返して、より大きな目標に近付いてゆく。

そのロードマップをイメージすること。

そして、それに沿って、
練習をする前に(←ここ大切)
その日に練習をする内容を具体的にして
練習に臨む
こと。

レッスンを受けている場合には、まずは課題になっている技をしっかりじっくりと練習しましょう。その上で、自分が課題だと感じるところ、できないと感じる部分を明確にしてレッスンに臨みましょう。もちろん、できた!と思えば、自信を持ってその成果を見せてください。
そうすることでレッスンは強力に前進して行きます。

自分が達成したいジャグリングの在り方を大切にして、楽しいジャグリングを!