フォームを意識してうまくなろう—錦糸町ジャグリング教室2018/1/31

本日は、新入会の方と1日体験の方が、それぞれ1名ずつ加わり、新鮮な空気が流れるレッスンになりました。

本日の練習メニュー

  • 1ボール、2ボールでのウォーミングアップ
  • (新規受講生)3ボールカスケード
  • フォームを作ることを意識して4ボールファウンテン
  • 自由練習

フォームを意識する

本日は、ジャグリング歴が長いひとと、ジャグリングを始めたばかりのひとが入り混じったレッスンになりました。

そんなキャリアもまちまちの状態でしたが、共通して浮かび上がってきた課題は、「投げ方(フォーム)」でした。

トスジャグリングを安定させるには、フォームを定める必要があります。フォームと言っても、幾つかの流儀があり「これでないとダメ!」ということもないのですが、理にかなったフォームは限られていますし、どんなフォームで投げるにせよ安定して再現できることが、ジャグリングの安定につながります。

フォームを意識することは、言い換えると身体の使い方を意識することであります。ところが、モノを介して成立するジャグリングは、どうしてもモノの動きに身体が引っ張られがちになります。そこが難しい。

実際、ジャグリングを始めたばかりの人は、往々にして「ボールを落とすまい」ということに意識を囚われてしまい、身体の動きがちぐはぐになりがちです。この段階で、身体の動きにばかりフォーカスするのは効率的な練習方法ではない、と私は思います。絶え間なく物事が進んで行く中で、いくつものことに意識を向けるのはハードルが高い。

ではどうするか。

素振りです。ボールを投げずに、フォームだけ真似てみる。そうすることで、「正しい」ボールの投げ方を身体にしみこませることができます。実際にボールを投げる時に、それを忠実に再現できなくとも、身体の感覚として、それを知っていることは上達の助けになるでしょう。

5ボールカスケードを練習中の生徒さんが、今日、良いことを言っていました。

最近、投げていて腕の動きに意識が持てるようになったんです。ボールの軌道を意識して、手が動くようになったというか。コントロールできるのは、身体の動きだけなんですよね。

まさに!

ボールをコントロールするのは目的なのですが、その手段は身体をコントールすることです。その手段を意識できると、より効果的な練習を積むことができます。

そんな言葉が生徒さんから飛び出したので、今日は、改めてフォームを意識できるような練習を取り入れました。

練習の中で、自分なりのジャグリングの考えに気付ける。それはとても大きな進歩です。
生徒さんの進歩を強く実感できた本日のレッスンは、とても嬉しい時間となりました。

しんのすけジャグリング教室情報

しんのすけのレギュラークラスは、現在6ヶ所で開講中。ジャグリングを始めてみたい!という方、お待ちしています。詳しくは、ジャグリングレッスンをご覧ください。

レギュラーレッスンの他に、個人レッスンや出張レッスンも受け付けています。学校の課外活動、各種レクリエーションイベントにも。ショーとジャグリングレッスンを組み合わせてお届けすることも可能です。お問い合わせはこちらからどうぞ。>>お問い合わせ

ジャグリングの楽しみを深める。〜錦糸町ジャグリング教室160106

どうも。歩くのが好きです。ハードパンチャーしんのすけ(@shinnosuke_hp)です。錦糸町教室の帰りは、いつも歩きです。

昨年、生徒さんが企画して大大的なステージがありました。それはとてもよい場でした。

そして、今日。昨年ほどの規模でないものの、またまた発表の場が設けられるとの知らせが!

そんな訳で、今日の錦糸町ジャグリング教室は、急遽、短いシークエンスをつくって発表する、をテーマにして行いました。

これがやはり面白かった!

組み合わせると個性が出る

ジャグリング教室では、基本的に、技を一つ一つ覚えて行きます。

できなかったことできるのは、とても楽しい。

そこが一次の喜びです。

ここをひたすら深めて行くのも楽し。覚えた技をもとにして、新しい技を夢想し、実現するのもよいですよね。

この段階は、モノを支配して行く過程と言えるかもしれません。極端過ぎるかしら。言い方はともかく、この過程はすごく大切。

しかし、ジャグリングの楽しさはまだあります。

ジャグリングと仲良くなる。ジャグリングと戯れる。

そのため必要なことのひとつは、覚えた技をつないで自由にジャグリングをすることです。

気の向くままにモノと戯れる。ジャグリングの快楽!私は、気分的に行き詰まると、何も考えずにボールを投げたり、棒を叩いたります。スカッとして、気持ちが整理されます。

それはさておき。

覚えた技を、自分の頭でイメージし、バラバラなものをつなげ、からだを動かし、ひとつにする。

その行為は、ジャグリングの上達に大きく寄与します。

そして、何より個性がすごく出る。

それがみていても楽しい。

今日の教室で、みんな一通りつくったものを見せ合った後に、感想を交換しました。その中に、

「みんな大丈夫。」

という声がありました。

そうなんです。技術の多寡はありますが、みんな大丈夫で、みんなそれぞれで面白いのです。

自分×技。

自信を持って、自分のジャグリングを楽しんでもらいたいな、と思います。

そんなことを踏まえつつ、次の錦糸町教室ではシークエンスをつくるヒントを伝えられたらな、と思います。


>ハードパンチャーしんのすけジャグリング教室情報


・ハードパンチャーしんのすけフェイスブックページはこちら! 「ハードパンチャーしんのすけ」

・日常的なあれこれや考えた事の断片はTwitterにて! Twitter shinnosuke_hp

2015/01/07 錦糸町ジャグリング教室

錦糸町ジャグリング教室の2015年もスタートしました!

本日も2月にある「マエストロ」での発表会に向けての練習をたっぷり行いました。
昨日の武蔵境教室よりも参加人数が多い錦糸町教室。
人数が増えると、面白くて、本番がたのしみ。

本日は、一日体験で参加してくれた方がいました。

すでに3年ほどジャグリングをしていて、十分過ぎるくらいできる方でした。

話をきくと目標も明確でした。
なので、そこに沿って練習メニューを組みました。

今日は他のメニューの流れで、アドバイスをする時間が短かかったのですが、、、

ジャグリングを自分で練習したあとに来る方は、やはり飲み込みがはやい。

ジャグリングは、自分で感じつつ、からだを動かすことで覚える方が上達がはやい。

もちろん、上達の理屈は少なからずあるのですが、たくさんの生徒さんをみてきて思うのは、まず投げる。そんなひとが上達がはやい。

自分で練習した後に教室にくる方が上達がはやいのは、やはり、自分というフィルターを通して、練習の経験をたくさん積んでいるからでしょう。

なんだかんだと、大切なのは、練習。
そして、試行錯誤する姿勢。

私のジャグリング教室では、それが当たり前になるとよいな、と思います。