これで解決!ボールジャグリングはじめの一歩(3)-どれくらいで上手くなれるのかしら

こんにちは。
ハードパンチャーしんのすけです。
今まで、15年以上にわたり、総計1万人超にジャグリングを伝えてきました。

ハードパンチャーしんのすけ

そんな経験を踏まえて、このシリーズでは、ボールジャグリングを始めるにあたっての「あるある」、多くのひとが気になることを取り上げます。

ジャグリングを始める際の参考にしてくださいね。

今回は、練習についてです。

どれくらい練習したら上手くなりますか?

「さて、ジャグリングをやってみようかな…」と思ったひとによく訊かれる質問の一つは…

どれくらい練習したら上手くなりますか?

です。

どれくらい…というのは、正直個人差があります。
しかし、上手くなるための練習方法はあります。

ポイントは2つ。

  • 最初が肝心
  • 練習を習慣にする

この二つについて、少しコメントしますね。

POINT1 最初が肝心

逃してはいけない瞬間…それは

初めてジャグリングをした日。

ここが一番集中するべき時です。
(「ジャグリング」と書きましたが、新しい技を覚える時でも同様です。)

まずは、ここでポイントをつかむ!
できるできないではなく、押さえるべきところを理解する!

これがまず第一に大切です。

なぜか。

ひとはだんだんと刺激に慣れてしまいます。
一番刺激が強いのは、初めて触れる時。この瞬間を逃してはいけません。

最初の一週間はみっちり練習を…無理なら三日くらいは…

最初に学んで得たものは
そのまま何もしなければ、その成果はどんどん失われてゆきます。

忘却曲線

忘れる前に再び練習するのが一番効率が良い!
(上の図で、復習の感覚がだんだんと長くなっていることもポイントです。)

学習する時に、
覚える→定着する
というステップがあります。

定着としての具体的な目標としては、
ボールジャグリングの初歩である3ボールカスケードでは
200回
行くまでは、みっちりやって欲しい!
というのが本音ですが…

まずは、3日間、できれば一週間は、みっちりと練習をして最初に習うことをしっかりと身につけて欲しいな、と思います。

POINT2 練習を習慣にする

…最初にみっちり!が上達の秘訣と先に伝えましたが、ジャグリングを練習する時にもっと大切なことがあります。

それは続けること。

…なんだ、当たり前じゃないか。

思いますよね。

けれど、日常生活で
例えば、一日5分間毎日ジャグリングする
というのは、なかなか難しいことであったりします。

働いたり、生活をしていたらいろんなことがありますからね。

そんなことを踏まえつつも、今まで教室でたくさんの生徒さんを見ていて、上達が継続するひとの多くは、
練習を習慣化する=日常に組み込む
ということができています。

生活習慣はいろいろあるので、こうでなければ!ということはありませんが、自分の生活の中でリズムができると良いですね。

最初のうちは、先に書いたように1日5分でも練習ができると素敵です。それが、一週間続けばさらに素敵!
いろんなリズムがあるので、週に一回、きちんと練習するひともいます(ある程度練習を重ねるとこれくらいでも良かったりします)。
「できる」ペースを自分の中で見つかられると、上達は必ずやってくるでしょう。

そう、一番大切なことは、練習を何回かして見た上で、自分に合った練習ペースを見つけることです。

そのためにも、気楽な気持ちで
ジャグリングを楽しむ。
ジャグリングを始める時に、そして続ける時に
覚えていて欲しいのは、何よりもこの気持ちです。

上達の実例

かつて短期集中で、カスケードを1ヶ月マンツーマンでレッスンした方がいました。理由があり、1ヶ月で1000回カスケードを達成したい、と。

初めは平均で数十回程度で、このままでは目標が達成できない…ということで、レッスンを受講してくれました。

実際に見てみると、回数が伸びにくい原因は明らかでした。どうやら左手の動きが悪いようです。

そこでそれを克服するメニューを組んで、練習に取り組んでもらいます。

数日後。
練習の報告を聞きました。
ものすごい密度で練習していました(指示した以上の練習をしていたので、休むのも大切、と話したほどです。実際、適度にインターバルを置いて練習するのは大切です。)
この段階では、前回の課題に対して着実な成果が出ていました。しかし、まだ回数は伸びません。その日、もう少し細かいポイントを指摘して、課題を渡します。

そんなことを繰り返し、1,2回。期間にして、二週間くらいでしょうか。

練習では、1000回を超えた!
…と。

そこで、レッスン中に実際にやってみると、200回前後。
とはいえ、その顔には自信と好奇心が溢れていました。

その後は、練習にもいっそうの熱が入り、乾いたスポンジに水が染み込むようにアドバイスしたことが吸収されて行きました。

最終的には、3000回を超えるカスケードを達成していました。

改めて挙げると、この方が目標を(大きく目標数字を超えて)達成できたのは、

  • 最初にとにかく集中した。
  • 練習を習慣として、練習のポイントを明確にして続けた。
  • モチベーションを絶えずキープしていた。

この3点かと思います。

この記事では、モチベーションの話はしていませんが(前回の記事がヒントになるかもしれません)、最初の集中と練習習慣が上達には大切なのだな、と改めて実感するエピソードでした。

ジャグリングをやるモチベーションや目的もそれぞれですから、みんながみんなマッチョにやりこむ必要はありませんが、最初の一歩をちょっと意識すると、思って見なかったジャグリングの楽しさを発見できるかもしれませんよ。

ビーンバッグ

ハードパンチャーしんのすけ オンラインジャグリングレッスン

ジャグリングのオンラインレッスンを開講中です!

私のレッスンでは、そんな気持ちが絶えないように、むしろ育つようにジャグリングをお伝えして行きます。

しんのすけジャグリングオンラインレッスン 

ジャグリングレッスン

個人レッスンですので、しっかりと段階に応じてレッスンします。

またオンラインレッスンだと、人の目があると緊張しちゃう…なんてひとも集中して練習できるようです。

ジャグリングを始めたくなったら、あるいは、ジャグリングに行き詰ったら、ぜひオンラインレッスンご検討くださいね。

ぜひ一緒にジャグリングを楽しみましょう!

>>ハードパンチャーしんのすけオンラインジャグリング個人レッスン申し込み

これで解決!ボールジャグリングはじめの一歩(2)-初めてはドキドキするよね

こんにちは。
ハードパンチャーしんのすけです。
今まで、15年以上にわたり、総計1万人超にジャグリングを伝えてきました。

そんな経験を踏まえて、このシリーズでは、ボールジャグリングを始めるにあたっての「あるある」、多くのひとが気になることを取り上げます。

ジャグリングを始める際の参考にしてくださいね。

今回は、挑戦する時の不安についてです。

不器用だし、難しそうだなぁ。

ジャグリングに興味があるんだけど…自分、不器用なんですよ…

教室を訪れる生徒さんがしばしば口にする言葉です。

細かいことできないんだよな…
からだ動かすの、苦手なんだよな…

ジャグリングを始めるにあたって、少なからず「面白そう!」「できたらいいな」という気持ちがあると思うのですが(たまに研修課題として強制的に取り組まなければならないケースもありますが)、それを邪魔するのが「でも、できないよなぁ…」という気持ちです。けど、やっぱりジャグリングは「難しそう」に見えるからこそ、挑戦したい。

そんな揺らめき、すごくわかります。

そして、その揺らめきというのか、微かに感じたであろうトキメキというのか、何かを感じたその心の動きはすごく素敵です。(これはジャグリングに限らずね。)

そして、安心してください!

そんな風に感じつつジャグリングへと一歩進めたたくさんの生徒さんたちは、レッスン後には、ボールジャグリングの最初の一歩のコツを捉えて練習をしています。そして、きっちりとできるようになるには、ひとによりばらつきがあるものの、必ず少しずつ上達して行きます。

ジャグリングは、複雑なことを「器用に」やっているように見えますが、実は押さえるべきポイントはごくわずかです。極端にいえば、ただ一つ。

そこを押さえて集中すれば、ジャグリングはできるようになります。

ジャグリングは、小さな小さな成功体験を積み重ねて、上達して行きます。
初めはあまりに小さな成功なので、成功したことに本人は気付いていないかもしれませんが、ポイントを押さえていれば投げた分だけ(一回投げた結果がどうあれ)確実に上達して行き、そこには不器用であることは関係ありません。

もしもジャグリングやってみたい!…と思ったら、ぜひ思い切って挑戦してみてください。

最初に最初に微かでも感じた「やってみたい!」、そんな挑戦する心こそが、何よりもジャグリングがうまくなる要素なのです。

ビーンバッグ

ハードパンチャーしんのすけ オンラインジャグリングレッスン

ジャグリングのオンラインレッスンを開講中です!

私のレッスンでは、そんな気持ちが絶えないように、むしろ育つようにジャグリングをお伝えして行きます。

しんのすけジャグリングオンラインレッスン 

ジャグリングレッスン

個人レッスンですので、しっかりと段階に応じてレッスンします。

またオンラインレッスンだと、人の目があると緊張しちゃう…なんてひとも集中して練習できるようです。

ジャグリングを始めたくなったら、あるいは、ジャグリングに行き詰ったら、ぜひオンラインレッスンご検討くださいね。

ぜひ一緒にジャグリングを楽しみましょう!

>>ハードパンチャーしんのすけオンラインジャグリング個人レッスン申し込み

これで解決!ボールジャグリングはじめの一歩(1)-道具について

こんにちは。
ハードパンチャーしんのすけです。
今まで、15年以上にわたり、総計1万人超にジャグリングを伝えてきました。

ハードパンチャーしんのすけ

そんな経験を踏まえて、このシリーズでは、ボールジャグリングを始めるにあたっての「あるある」、多くのひとが気になることを取り上げます。

ジャグリングを始める際の参考にしてくださいね。

今回は、これがなければ始まらない。道具についてです。

ジャグリングの道具はどうすればいいの?

ジャグリングを始める時に、一番最初に立ちはだかる壁は、ずばり
道具をどうするか?
です。

何を使えばいいの?
どこで手に入るの?

何を使えば良いの?

ボールジャグリングについていえば、重さがある程度揃っていれば、投げるものはなんでも良いと言えばなんでも良いのです。

靴下を丸めて球状にしても良いし、それは手袋でも良いかもしれません。

ぼくも初めてジャグリングをやってみたい!という衝動に駆られた時、家にあったテニスボールを3つ取り出しました。それで十分でもあるのですが…

本格的にジャグリングを始めた時、ジャグリング用のボールを初めて触りました。正直、そのやりやすさに感動!

ちょっとジャグリング頑張ってみようかな、と思った時には、ジャグリング専用の道具を用意することをお勧めします!

ビーンバッグ

どこで買えばいいの?

今すぐ買えるようにいくつか候補を挙げておきますね。
(リンクは、ショップの商品ページになっています。)

  1. レッツプレイ!ボールジャグリング
  2. ビーンバッグベーシック
  3. ビーンバッグノーマル

どれも同じに見える!
のですが、重さ・耐久性が異なります。

それぞれわずかな違いではありますが、実際にやってみると、特に筋力の強い男性などは、重めの方が上達がはやいように経験的に思います。

また金額が高い方が、耐久性に優れています。

1番のお勧めは、3ということになりますが、気軽に始めてみよう、という時には1、2も良いかと思います。

いずれにせよ、みっちり練習すると1年も経つと(あるいは数カ月で)クタクタになるので、最初の道具はそこまでこだわらなくても良いかもしれません。

ボールに限らず、ジャグリング道具が欲しくなったら、ジャグリング専門店をのぞいてみましょう。

今は専門店もいくつかありますが、例えば、
ジャグリングショップ・ナランハ
は、老舗であり、対応もしっかりとしていますので安心です。
(先ほどのリンク先もナランハになっています。)

ハードパンチャーしんのすけ オンラインジャグリングレッスン

ジャグリングのオンラインレッスンを開講中です!

しんのすけジャグリングオンラインレッスン

ジャグリングレッスン

個人レッスンですので、しっかりと段階に応じてレッスンします。

またオンラインレッスンだと、人の目があると緊張しちゃう…なんてひとも集中して練習できるようです。

ジャグリングを始めたくなったら、あるいは、ジャグリングに行き詰ったら、ぜひオンラインレッスンご検討くださいね。

ぜひ一緒にジャグリングを楽しみましょう!

>>ハードパンチャーしんのすけオンラインジャグリング個人レッスン申し込み