ワールドオートバイサーカスに大興奮!酒田まつりの夜

酒田まつり、夜。
—祭り
露店が並ぶ長い長いまっすぐな道
坂を上がり
日枝神社に行き着いて。
そこは丘の上、
祭りの空気が一層濃くなる空間が広がっていました—

続きを読む

サーカス研究の熱量—「桑野塾×サーカス学ゼミ」に行ってきた。2018/2/3

2ヶ月に1回ペースでの開催される大島幹雄さん(お世話になっておりますm(_ _)m)主催「サーカス学研究会」と、早稲田大学教授でロシア文化学者である桑野隆さん主催の桑野塾の合同ゼミに参加するため、早稲田大学に行ってきました。

大隈重信像

早稲田大学と言えば、大隈重信先生。

桑野塾×サーカス学ゼミ

本日の発表は、以下の2つ。

  1. 「〈サーカス学〉のひとつの試み」桑野 隆
  2. 【特別上映】秘蔵サーカスドキュメンタリー映画(解説:上島敏昭+大島幹雄

ロシアのサーカスにフォーカスが当てられました。

オリガ・ブレニナ=ペトロヴァ「文化空間のなかのサーカス」2014

桑野先生の発表は、オリガ・ブレニナ=ペトロヴァ著「文化空間のなかのサーカス」(2014)の紹介。この本は、桑野先生の手により翻訳され、近いうちに出版されるとのこと。

「サーカス」という現象を、文学、映画、美術など、様々な領域にまたがり分析、考察している本だそうです。例示されている具体的な作品も豊富で、それらを追うだけでも、かなり楽しそう。

うん、読みたい!

しかし、金額はそれなりに張りそう…とのことです…けど、やっぱり手に置いておきたいよね…読みたいよね。

ちなみに、桑野先生が翻訳したサーカス関連の本だと、「サーカス—起源・発展・展望」(エヴゲニイ・クズネツォフ著 桑野隆訳 ありな書房 2006、原書は1931年刊行)があります。ロシアサーカスがどんなものであったか、どんな演目があったのか。それを知ることができると共に、桑野先生の巻末の解題も含めて「サーカスとは」という論考が溢れていて、とても面白い本です。(しかし、やはり値が張る…)

1947年撮影ドキュメンタリー映画

続いては、大島幹雄さんと上島敏昭さんによる1947年撮影(?)のドキュメンタリーフィルムの上映及び解説。

このフィルムは、ヤフオクにて上島敏昭さんが落札した16ミリフィルム。得体の知れないもの(笑)だったけれども、落札したのを、すったもんだありつつ、観れる形にしてこぎつけた特別上映会!

ここに映されていたのは、1947年(…ということにフィルム上ではなっているけれど、真偽は要検証…とのこと)のロシアサーカスの映像。これに、ロシアサーカスの専門家である大島幹雄さんの解説が加わり、ものすごく興味ふかい上映会になりました。

何より記録されている芸の数々がすごいこと!

大島幹雄さんの話によると、1960年くらいまでのロシアのサーカス芸というのは、今から見ても、とてつもないレベルだそう。今その時のレベル芸は、見れない。

確かにすごくて、一つの芸が終わる度に、拍手をしたくなりました、私は。

1947年ロシアのサーカス映像上映

熊のショー、かわいい。すごい。

こういう映像が広く観てもらえるといいな、と思います。いろんな意味で。

この映像は、今の所、すぐには見れませんが、ロシアサーカスについては、大島幹雄さんの次の2冊がオススメ。


先の桑野先生の訳書と合わせると、ロシアサーカスについて、多くを知ることができるでしょう。

サーカス学研究会

こんな感じのゼミ(今回はスペシャル版でしたが)を、大島幹雄さんの主催で2ヶ月に一度のペースで開催しています。次回は、3月23日の予定。「サーカス」というものに(どんな角度ででも)興味がある方は、私でも大丈夫ですので、お気軽にお問い合わせください。

サーカス学を含め、大島幹雄さんの最新情報はこちら