サーカス/見世物にまつわる本から – お仕舞いの言葉

こんにちは。
ジャグリング・大道芸のハードパンチャーしんのすけ @shinnosuke_hp です。

ここまで、サーカスや見世物にまつわる本を7冊紹介しました。

もちろん、サーカス/見世物に関する書籍は、この7冊に限らず、紹介したくて紹介できなかったものもいくつもあります。そんな本たちについては、また機会をつくって紹介できれば。


前半3冊は、物語の中のサーカス/見世物を。
サーカスへ寄せられるイメージの多様さが感じられていたら、と思います。

そして、後半のうち、3冊はサーカス史に関わるものを。
紹介順は前後していますが、明治/戦前戦後/現代と、サーカスの様相の変化を捉えられるものを選びました。

最後は、サーカス学。
「サーカス」の世界の広がりを感じてもらえたら。

ちょこちょこ、紹介本から連想したエッセイを挟みましたが、
本への個人的出会い
サーカス/見世物へ感じることへの個人的背景
を記しました。

お付き合いありがとうございました!

最後に、この「7日間ブックカバーチャレンジ」へと寄せたこの文章を載せて、お仕舞いの言葉とします。

「本」という摩訶不思議な存在

本とは、実に奇妙な存在である。

友人の好事家であり古書店店主である人物が謂うに
シュレディンガーの本
なる現象があるそうである。

曰く
存在を確認をしようと書棚を見るも、一向に観測ができず、書籍の存在が確定しない

…とのことである。
これについてこれ以上言を及ばせる事は差し控えるが、世にも不思議なことはあるのである。

不思議なことと謂えば、とある小説家が語るところによると、
本とは書棚のうちに、人知れず子をもうけて増殖するそうだ。

この度、「ブックカバーチャレンジ」なるものに乗った因果として、どうやら我知れず、子がもうけられ、書棚が溢れる事態となるかも知れぬ。

その折には、またこの子たちを皆様に紹介できたらと思う次第である。

お付き合いに多謝。

時に。
この私にも本を巡って奇怪なことが起こっている。
件の書籍婚姻譚を開陳した作家及び作品が、まるで思い出せぬ。書棚にもない。
これは如何なることか。


ヘブンアーティスト研究 始めました。

大道芸好き、歴史好きな皆さん、こんにちは。
ハードパンチャーしんのすけ、ヘブンアーティストの歴史を研究します!

以前から、ヘブンアーティストについて…ヘブンアーティストの歴史/大道芸への影響/ヘブンアーティストの意味、など…考えたいな、と漠然と思っていたのですが、
なんとなくですが、今がその時な気がして。

続きを読む

ハードパンチャーしんのすけは、ジャグリングよろず相談所になりました。

ハードパンチャーしんのすけは職業が
「ジャグリングよろず相談所」
になりました。

ジャグリングに関わることでしたら、
なんでもご相談に乗らせていただきます。

どうぞご贔屓に。

 

参考までに、私が扱ってきた仕事を列挙してみると

  • ショー
  • 大道芸
  • 指導
  • 舞台企画
  • まちの賑わいつくり
  • 演出
  • メディア出演
  • 企画アドバイス
  • 派遣・紹介
  • 講演
  • 執筆

…など。
もちろん、いずれもジャグリングの仕事です。

続きを読む