河北新報日曜版にて福島訪問のことが紹介されました

1月に訪問した福島県の「しんまち学童クラブ」でのことを、河北新報日曜版「週刊かほぴょんこども新聞」にて紹介していただきました。2013年2月24日の「ジャグリングって知ってる?」という記事です。(リンク先はPDFファイルになります。)

ジャグリングを体験した様子を中心に紹介されています。
写真がいっぱいで、いっしょに時間を過ごしたこどもたちの笑顔にあふれている紙面は、読んでいてその時の記憶を呼び起こしてくれました。

記事にもある通り、福島は原発事故の影響で、こどもたちも制限ある生活を強いられています。
ジャグリングや大道芸ではそのような状況を変える事はできませんが、そのような状況で過ごさざるを得ない方々の心に何かプレゼントできればな、と思います。

お時間ありましたら、ぜひ読んでみてください。

 

※被災地応援パフォーマンス団の情報はこちらから。>>被災地応援パフォーマンス団ウェブサイト

※掲載情報を教えてくれた華千代さん、そして、そのお兄様、ありがとうございました!

まず投げる、そして取る—横浜ジャグリング教室(2013/02/26)

ジャグリングの初級レベルで、多くのひとがぶつかる壁のひとつは
ミルズメス
です。

横浜ジャグリング教室には、ミルズメスに今ちょうど取り組んでいる受講生がいまして、本日のレッスンはミルズメスマスターに向けて、多くの時間をつかいました。

ミルズメスというのは、パタンが複雑ですので、しっかりと覚えた上で練習を積み重ねる必要があります。パタンをうろ覚えのままひとりで練習すると、間違ったパタンを繰り返してしまい、かえって修得に時間がかかるケースがしばしばあります。

そんな訳で、誤解のない形でミルズメスのパタンを理解してもらうために、徹底的にみました。

以前「ミルズメスで多くのひとがつまずく所」ということで錦糸町ジャグリング教室でのことを記事にしましたが、本日のレッスンを踏まえては、その続きとなる動画をアップしました。


ミルズメスのつまずきポイント(2)

続きを読む