横浜ジャグリング教室22/1/25


よみうりカルチャー横浜にて開講中の横浜ジャグリング教室。
生徒さんたちが、変わらずジャグリングを日々楽しんでくれてうれしく思った本日でした。

そんな生徒さんたちから刺激を受けて、こんな記事を前回書きました。

合わせて、こんな記事も書きました。

毎回きちんと練習して生徒さんたちのおかげで、今回は、少し踏み込んだ形のレッスンとなりました。

ジャグリングを始めたばかりの頃。
個人的な意見でありますが、まず大切なのは、ジャグリングをおおまかに捉えることだと思います。

ジャグリング的な行いは、日常ではまずやらない類のものです。

そんなジャグリングをまずは感覚的に掴んでもらう。楽しんでももらう。

それらが馴染んできた後に、より細かいことに進みます。いろんな技を覚えつつ、「投げる」ことをより掘り下げて行きます。最初は意識が届きにくい、投げる時の身体へフォーカスをします。

腕の動かし方、身体の置き方、あるいは自分の身体のバランス。
ものと身体の調和。

言葉にすると簡単な(あるいは簡単な当たり前の)表現になりますが、これらは自分の身体の感覚として落とし込んで行く必要があります。ジャグリングを楽しみながら、ちょっとそんな感覚にも耳をすましてみてください。
ジャグリングが地に足がついたものになって行くでしょう。

今回のツイートに、こんなコメントもいただいたので最後に紹介します。

このような練習も良いですね!
ぜひ参考にしてみてください。

横浜ジャグリング教室の情報はこちら(2022/1/25現在)>>https://www.ync.ne.jp/yokohama/kouza/202110-08370010.htm

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    亀戸梅屋敷ジャグリング教室 2022/1/22


    こんにちは。

    自分が生活する地域にジャグリングを根付かせたい!ハードパンチャーしんのすけです。

    ハードパンチャーしんのすけ

    昨年から、いつもお世話になっている亀戸にて、主体である亀戸梅屋敷様のご協力をいただき、参加無料のジャグリング教室を開かせてもらっています。

    昨年の10月から、月一回のペースで開催しています。
    毎月、重ねて足を運んでくれる家族や、新しく興味を持ってくれる家族もいて、嬉しく思います。(教室への参加は、年齢に関係なく、またおひとりからでも、どなたでも歓迎です。)

    そんな亀戸梅屋敷2022年1月22日の開催は…

    ジャグリングは、空間認識能力を育みます。

    幼い子ですと、ものを投げる、ものを取ることが未経験だったり十分でなかったりします。このような能力を育むことをはじめとした身体感覚を養うトレーニングを、コーディネーショントレーニングと言います。
    これらの感覚を養うことで、運動能力全体の発達に寄与し、さらに言うと脳の発達を促します。

    ここからジャグリングをすることにより、さらなる空間認識能力や集中力、自己肯定感、やり抜く力などが得られます。

    ジャグリングを通して、こどもがこれから生きて行くのに助けとなる力を得るきっかけを届けられたらいいな。
    いや、そんな大仰なことを言わずとも、ジャグリングで楽しい時間を過ごせたら、うれしいのです。

    今回も親子でジャグリングに挑戦する姿がとても素敵でした。
    公園でキャッチボールを楽しむように、みんなで楽しむ時間の選択肢の一つとしてジャグリングが認知されると、さらにうれしい。

    毎回たくさんの「うれしい」への芽をいただく亀戸梅屋敷ジャグリング教室です。

    来月2/19も楽しみです。


    教室を企画してくれている亀戸梅屋敷様の紹介映像が最近公開されました。

    亀戸にお越しの際には、ぜひ亀戸梅屋敷で凝縮された亀戸の魅力をお楽しみください。


    チェックのためのジャグリングレッスン – ジャグリング個人レッスン2022/1/17


    こんにちは。
    ジャグリングを伝えることがうれしい楽しい大好きなハードパンチャーしんのすけです。

    ハードパンチャーしんのすけ

    とりわけ生徒さんに寄り添ってジャグリングを伝えることができる個人レッスンは、毎回とても楽しいのです。

    ちょっとした意識でジャグリングの精度は変わる(こともある)

    今回は、パフォーマンス志向のある生徒さんへのレッスンでした。
    ここまで1年以上、月に1回から2回のペースでレッスンを続けています。その間に、人前でジャグリングもできるようになり、とても嬉しく思います。

    一方で、最近は、パフォーマンスの場があったこともあり、「みせる」ことにフォーカスを置いたレッスンでした。

    そこで今回は、改めて、ジャグリングの基礎を見直すようなレッスンを行いました。

    技術は磨かないと錆びるもの。
    とは言え、自分では磨いているつもりでも、気付かないうちに緩んでしまうことはしばしばあります。私自身そう感じることは幾度も…むしろ常にありますし、実際に生徒さんたちに伝えてきて度々目撃してきました。

    そんなことが起き得る、と頭に留めて練習すると、ジャグリングの精度が上がります。
    そのための練習をする時に、大切なことは
    ・客観的な視点による現状把握
    ・(それを踏まえた)適切な課題設定

    です。

    ジャグリングのレッスンでは、そこを意識しつつ、個々の状況に寄り添って、ジャグリングがうまくなる喜びを感じてもらいたいのです。

    今回は、終了後にこんな感想コメントをもらいました。

    しんのすけ先生のジャグリングレッスン、時間が経って悪い癖が出てきた技を見てもらった後にアドバイスを聞いて一瞬で良く変わるのを実感した時がマジで楽しいと改めて感じた。整体に行ったような爽快感

    https://twitter.com/grajuggler/status/1482904318403813378

    たくさん練習してもらって、レッスンでは、これからも「整体に行ったような爽快感」を感じてもらえたら、嬉しく思います。

    ジャグリングの楽しさをお届けします!

    ジャグリングをはじめたい!
    ジャグリングに伸び悩んでる…
    などありましたら、お気軽に連絡ください。

    一緒にジャグリングを楽しみましょう。

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      題名

      メッセージ本文