からだの癖を観察して、直す 川崎ジャグリング教室2014/06/11

先日も書いた話題なのですが、
からだの癖というのは、ジャグリングに出るな、ということを。

5ボールカスケードを練習中のHさん。
左手で投げるボールが、外や前に飛びがちです。

そこで、素振りで腕の振りをチェックすると、そもそも左手の自然な動きが外に流れる。

フォームとポジションをチェックしていると、左手が内向きに入るのが自然な状態になっていることがわかりました。

そこで、そこを意識して直すようにからだの状態をつくりました。
そうしたら、軌道も以前より改善されたように思います。

からだの状態を意識するのは、それこそ日々の積み重ねしかないのですが、自分のからだの癖を自覚して練習するのは、じわじわと効いてくるポイントです。

ちなみに、先のHさんですが、ジャグリング教室に初めて来たときと比べると、力の抜けて芯のある立ち姿、ジャグリング姿になっていて、教室に入った時に、はっとしました。
そんなこともあり、今日はからだに目が行ったのかもしれません。

ジャグリングが身体を向上させているならば、とてもうれしい話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です