ジャグリングはからだで覚える 川崎ジャグリング教室2014/03/12

何かを習得する時、ひとはそれぞれ覚え方の癖があります。

頭で理解するのが得意なひともいますし、からだで理解するのが得意なひともいる。

言語的に理解するのが得意なひともいれば、映像的に理解するのが得意なひともいる。

教える時には、できるだけそのひとの特性を観察して教えてゆく訳ですが、ひとつ確かなのは、ジャグリングはからだで覚えるものだ、ということです。

まずは、からだを動かしてみることが大切。

実際にからだを動かして感じたことを、自分の理解しやすい方法で咀嚼して、またからだを動かすことが大切。

理解しようとしてから、からだを動かす、というのは順番が逆です。

まずやってみる。

それがすべてのはじまり。

そして、それがジャグリングを上達するマインドのひとつなのではないかな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です