ジャグリングが上手くなる思考習慣とは – 武蔵境ジャグリング教室2021/5/18

こんにちは。
ジャグリングを伝えるハードパンチャーしんのすけです。

今回は、セブンカルチャークラブ武蔵境にて開講中の武蔵境ジャグリング教室での話。

本日は他の生徒さんの欠席もあり、マンツーマンでの教室となりました。
そんなこともあり、最近の練習で感じていることを、いつもよりも丁寧に聞きました。

具体的な技術に関する話もありました。

他にも練習メニューの組み方の話もしました。

…が、ここでは別のことを書きます。
(上記の内容が気になったら、気軽にメッセージくださいね。)

ジャグリングが上手くなる思考習慣があります。
そんな話です。

ジャグリングが上達する思考習慣

上手くなりたいならば、目的意識を持って練習しよう。

こんなことを、私はSNSも含め度々書いていますが、
では具体的に
「目的意識を持つ」
とはどういうことでしょうか。

技を覚えることに限って言えば、おおまかにはこんな意識で行うことをお勧めします。

  1. まずやってみる。
  2. できないならば、繰り返す。
  3. やりながらポイントを探る。(この段階で、アドバイスを聞いたり、実際に行われているものを見るのも、とても大切。)
  4. ポイントが(頭で)理解できたら、やってみる。
  5. できないところを明確にしてゆく。
  6. できないところを意識して練習する。
  7. 出来をチェックして、修正しつつやってみる。
  8. なおできないのならば、再びポイントを探る。
  9. …以下繰り返し。

まとめると、ジャグリングの練習で大切なのは、大きく二つ。

まず、やってみる
ジャグリングした後に”何が良くなくて、どこを直せるか”見直す
そして、やる。

この「見直す」部分が、目的意識を自分で持つための幹になります。

PDCAサイクルなんて言葉もありますが、一回一回、自分で振り返り、次のジャグリングに意識を持って臨む。

上手くなりたければ、この繰り返しが大切です。

ジャグリングが上手くなりたければ、内省的になりましょう。
…とは言え、そればっかりだと辛くなるので、「いつかできるさ」という楽観的な姿勢も大切ですが。

一応補足しておくと、ジャグリングが上手くなる時に、ジャグリング以外に目を向けることも時に必要です。その一例が、最初に転載したツイートのように体幹を鍛えることになります。

ジャグリングをした後に省みる。
これを習慣にすることで練習成果は向上するので、ぜひ。

お問い合わせ

しんのすけジャグリング教室 ロゴ

しんのすけのジャグリングレッスンは、個人レッスン、オンラインレッスン、カルチャースクール…などで承っています。
>>詳しくは「ジャグリングレッスン」をご覧ください。

レッスンに関してお問い合わせがありましたら、以下のフォームよりお気軽に。

一緒に楽しくジャグリングしましょう♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文