マンツーマンだからできること-錦糸町ジャグリング教室2020/6/17

しんのすけジャグリング教室 ロゴ

こんにちは。
ジャグリングで生きています、ハードパンチャーしんのすけ  @shinnosuke_hp です。

ハードパンチャーしんのすけ

ジャグリングで生きています…久しぶりに使ったフレーズでありますが、今はジャグリングに生かしてもらってる…という感じがします。
昨今の状況の影響をもろに受けて、現状、ジャグリングの「仕事」という意味では大打撃を受けているわけですが、
それでも、ジャグリングがあるおかげで、日々にハリができ、練習をすれば前を向いていることができています。

そんなジャグリングに恩返しをできるように、何か考えて動いて行きたいな、と改めて思います。

さて。

錦糸町教室@よみうりカルチャー錦糸町です。
この日は、生徒さんの休みも多く(この状況下仕方ないですね)、マンツーマンのレッスンとなりましたので、
今回は濃いめのレッスンの記録をお届けします。

マンツーマンだからできること

前回、5ボールカスケードに向けて感触を掴んだ生徒さん。
気軽な感じで
「5個投げてみましょうか」
と声をかけたら、今までの積み重ねの成果か、スッと良い感じで5投投げられました。
今日見てみると、5投5キャッチ(いわゆる「フラッシュ」)が、だいぶ安定していました。それどころか7投くらいまではしっかりとできて、最高で9投まで!

素晴らしい!!

ジャグリング(10投10キャッチ)達成まで、あと少し!

ここで投げ込んでもらっても良かったのですが、投げ込むのは一人でもできるので、5ボールカスケードジャグリング達成に向けて、どこがボトルネックになっているのか探るべく、5ボールカスケードへ向けた3ボールから4ボールの練習メニューを、改めて一通りじっくりと行いました。

その中でわかったのは、精度の問題はもちろんあるのですが、
その精度に影響を及ぼしているのが、

  • 左肘のポジション
  • 左腕の動かし方

でありそうだな、と。

特に左手の動かし方や、それに伴う肘のポジションのズレは、もろにボールの軌道に影響を与えていることがわかりました。

ここを練習の中で、意識して積み重ねてもらえたらな、と思います。


今回、マンツーマンでしたので、通常レッスンよりも濃密に見ることができました。

もちろん、複数人でのレッスンでも同様のことは行うのですが、今回は瞬間を見逃すことなくレッスンでき、上記に挙げたこと以外にも、タイムリーにフィードバックを多くできました。

みんなでわいわいと刺激を受けつつ与えつつのレッスンも、もちろん楽しいです。
しかし、時にはより密度濃くフィードバックやアドバイスができるマンツーマンも良いものだな、と思った本日のレッスンでした。

ジャグリングを始めませんか?

しんのすけジャグリング教室 ロゴ

ジャグリング講師歴15年以上、今まで1万人超の方に、ジャグリングを伝えてきました。

よかったら、わいわいと一緒にジャグリングを楽しみませんか。

現在、コロナウイルス禍を受けて、教室でのレッスンはイレギュラーなスケジュールになっています。最新の開講情報はこちらでご確認ください。
>>しんのすけジャグリングレッスン最新情報-緊急事態宣言解除を受けて

オンラインジャグリング個人レッスン

オンライン個人レッスンは随時受付中です!
30分のレッスンから、ボールジャグリングを体験できます。
今なら道具付きのお得なメニューも用意していますので、ぜひお気軽にジャグリングに挑戦してみてくださいね。

ジャグリングを始めたくなったら、オンラインレッスンもぜひご検討ください。

>>ジャグリングオンライン個人レッスン BASE「ジャグリングをやってみよう!」

ジャグリングレッスン

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文