ヘブンアーティスト研究 始めました。

大道芸好き、歴史好きな皆さん、こんにちは。
ハードパンチャーしんのすけ、ヘブンアーティストの歴史を研究します!

以前から、ヘブンアーティストについて…ヘブンアーティストの歴史/大道芸への影響/ヘブンアーティストの意味、など…考えたいな、と漠然と思っていたのですが、
なんとなくですが、今がその時な気がして。

数日前に1980年代の大道芸事情についての記事を書きましたが、
80年代あたりから日本の「大道芸」が変わり始め?
さらに00年代にヘブンアーティストができることで、また大道芸世界の在り方が変化したように思います。
10年代になると、また変化し始めているように感じます。

「ヘブンアーティスト」というフィルターを通して、
私が身を置いてきた時代の大道芸をつぶさに見直すことで
現在の大道芸への理解が深まるでしょう(…と期待している)。

明るい未来は、まずは今を理解するところから。

取り掛かるにあたり
まずは資料集め。
まずは、今まで目にした資料をリスト化しました。
>>ヘブンアーティスト論考 資料リスト

まだ数が少ないし、タイトルの列挙だけですが、少しずつ充実させてゆきます。

ヘブンアーティストを通して、
大道芸はどんな景色に見えるのでしょうね。

同時代を整理することで、
過去からの流れを理解し、
未来への展望が感じられたら面白いな、と思います。

楽しみです。

折に触れて、研究結果をブログでアウトプットしてゆきますので、楽しみにしていてくださいね。

ヘブンアーティスト研究 始めました。” への1件のコメント

  1. ピンバック: 【再録】路上のエスノグラフィ—ちんどん屋からグラフィティまで | 大道芸・ジャグリング「ハードパンチャーしんのすけ」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です