しんのすけジャグリング教室週間まとめ 2018/10/1-10/7

どうも。
ハードパンチャーしんのすけです。

しんのすけジャグリング教室 ロゴ

10月になり、2018年も残すところあと3ヶ月!
2018年のジャグリングを気持ちよく締めくくるべく、
今週は、改めてそれぞれに目標を訊いてスタートする教室でした。

ジャグリングにおいても、良い収穫がある10月となりますように!

今週は
個人レッスン 1
レギュラー教室 3
のジャグリングレッスンでした。

ジャグリング個人レッスン(10/2)

前回、以前練習したミルズメスが「おやっ?」となった生徒さんですが、今週はしっかりと形が整っていました。

とはいえ、安定感で言うと、まだまだ。

技が「できた!」と思ってから、自信を持って「できる!」と言えるまで、しっかりと練習を重ねましょう。

そんなミルズメスの動きをより確かなものとするために、今回は同じ系統であるバークスバラージを練習しました。

ミルズメスは、腕の動きに特徴があります。
その動きをいろんな角度から練習することで、技の精度も高まって行くでしょう。

武蔵境ジャグリング教室(セブンカルチャークラブ武蔵境10/2)

ジャグリングは、身体のポジションの取り方、そして、動かし方が安定すると、技も安定します。

ポジションだけに囚われると身体が強張るのも、よくあることです。
綺麗なジャグリングを覚えるのに、強制的にポジションを染み込ませるのは、必要な過程です。
そして、その正確なポジションが最大限効果が発揮されるのは、身体の動かし方ージャグリングのフォームと結びついた時です。

正確なポジションはジャグリングのための根。
フォームは幹になります。

時間をかけて、まっすぐに幹を伸ばしてくださいね。

錦糸町ジャグリング教室(よみうりカルチャー錦糸町10/3)

では、フォームとは…
腕の動きももちろんあるのですが、それ以前に、体幹がブレずに投げる/動くことが大切です。

そのための一歩として、腕の動きと膝の動きを調和させることで、ブレずにボールを投げ出す練習をしました。

毎回のスローにて、確実に意識することで、きちんと身につけましょう。

ちなみに、4ボールファウンテンでも5ボールカスケードでも、なかなか上達しない…というひとは、だいたいスタートの仕方、スタート時のフォームに問題があります。
最初は、違和感があるかもしれませんが、スタートの仕方をきちんと意識して練習しましょう。

南砂町ジャグリング教室(南砂町カルチャーセンター10/4)

気をつけているつもりでも、自分の意識と実際の身体の状態がずれていると、なかなかうまく行きません。
「癖」がついている状態ですね。

身体にはそれぞれ個性がありますから、そこを自覚して、必要ならば修正して行きましょう。

体つきの癖は、日常習慣に由来するものもあるでしょうし、生まれ持った体格や体質に依るものかもしれません。

自分の得意不得意がわかる。
ストレッチやダンスであったり、筋トレをすることで、自分の不足を補う視点も生まれるかもしれません。

きちんと自分を理解することは、ジャグリングの質を高めます。

自分の癖をしっかりと自覚しましょう。

 

しんのすけジャグリング教室情報

しんのすけジャグリング教室 ロゴ

ハードパンチャーしんのすけ、各種ジャグリング指導、演出等承ります!

しんのすけのレギュラークラスは、現在計6ヶ所で開講中。ジャグリングを始めてみたい!という方、お待ちしています。
子供から大人まで、年齢を問わず受講可能です。

レギュラーレッスンの他に、個人レッスンや出張レッスンも受け付けています。レギュラーレッスンでご都合が合わない方は、こちらからどうぞ。>>お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です