腕をしっかりと動かす神経を通す練習—ジャグリング個人レッスン2018/3/16

しんのすけジャグリング教室 ロゴ

スポーツインストラクターをしているひとへの個人レッスン6回目。
前回、課題として「3ボールカスケード 200回達成」を課しました。この課題もきっちりこなしてくれて、とても嬉しく思いました。

練習動画も撮ってきてくれたので、まずは動画を見ながら、最近の練習について話を聞きます。

その中で、本人が感じる課題を挙げてもらい、それをもとに本日の練習メニューを決定。私が感じる課題と相違なく、ジャグリングを練習する際の勘所がわかってきてるな、と嬉しくなりました。

そんな過程を経て、本日の課題は
腕をしっかりと動かしてジャグリングする
です。

本日の練習メニュー

  • 練習の成果報告
  • 本日の課題設定
  • 1、2、3ボールを使ったウォーミングアップ
  • 3ボールカスケード(10分間で200回達成が目標 未達成)
  • 2in1  内回し
  • 高いカスケード
  • 腕の振りを意識して3ボールカスケード
  • ハーフシャワー

腕をしっかり動かしてジャグリングする神経を通す練習

腕をしっかりと動かしてジャグリングする。

安定してジャグリングが続くようになるために、大切なことです。
ジャグリングが続くようになれば、ある程度動くなるようにもなることもあるのですが、意識的な練習をすることで、早い時期から良いフォームを身につけることができます。

今までたくさんのひとにジャグリングを教えてきましたが、フォームがしっかりしているひとは上達がスムースであります。

なので、カスケードが身につきつつある今、フォームにじっくりと取り組むことは、将来の上達への投資になる!

とはいえ、最初から腕の動きをガチガチに意識するのは、難しいし、あまり効果的ではない。

ということで、今日は具体的な技を通して、腕をしっかりと動かく練習をしました。

腕をしっかり動かす、フォームをきれいにする、こういうことは意識的に練習しないと、なかなか身につきません。
技を覚えつつ、それぞれの技で腕をどのように動かしているのか、そこに意識を集中して練習してゆきます。

しんのすけ、ジャグリング個人レッスンも承ります。

カルチャースクールにて開催中の教室には予定が合わないけれど、ジャグリングやってみたい…
自分のペースでじっくりジャグリングに取り組みたい…
短い期間で集中的にジャグリングを覚えたい…
などなど、ご都合に合わせて個人レッスンを承ります。

ジャグリングに興味がありましたら、ぜひご検討ください。

レギュラー教室の情報
お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です