カウントに合わせて練習する利点とは—錦糸町ジャグリング教室2018/2/21

しんのすけジャグリング教室 ロゴ

前々回くらいから新規の生徒さんが加わり、フレッシュな空気も漂う錦糸町教室。
今日は、全員出席となり、充実した練習となったように思います。

技を覚えよう、という時に、ベースとなるテンポがはやいとやや難易度が上がります。
カウントに合わせたシークエンスの練習を行うことで、テンポをコントロールできているのかどうか、チェックできそうです。

本日の練習メニュー

  • カウントに合わせたシークエンス(7x8カウント)
  • 音楽に合わせて上記シークエンス
  • 4ボールファウンテンのための2in1復習と腕の動かし方素振り
  • 4ボールファウンテン3種盛り
  • 自由練習(5ボールカスケード、キャリー系、オフザヘッド、シークエンス練習…など)
  • (新規)3ボールカスケード 目標7回:クリア(最高14回)
  • (新規)423、1up2up
錦糸町ジャグリング教室 スタジオ

錦糸町教室 スタジオ。写真の内容と実際のレッスンは関係ありません。

カウントに合わせて、自分の癖を見つけよう

今年に入って、カウントに合わせて決まったシークエンスを練習する、というメニューを各教室で行っています。

錦糸町教室のシークエンス振り付けも、ついに7x8カウントまでになりました。
8x8カウントまでシークエンスを作ろうかと考えていますので、今シリーズはあと少しでクリア!乱れなくシークエンスができるように、頑張ってね。

さて。
カウントに合わせてジャグリングする効用について。

カスケードを見ると顕著なのですが、テンポがはやいジャグリングになってしまう(テンポがはやい状態でしかできない)ひとが、しばしばいます。

それはだいたいの場合において、投げ急いでいる、ストロークが十分に取れていないことに起因しています。
別の言い方をすると、ボールを保持する時間が短い。

カウントに合わせることで、練習している技のテンポを自分でコントロールできているのか、ストロークが取れているのか、明確な判断ができるようになります。

カウントに合わせてジャグリングをしてみることで、自分の癖を明確にしてみましょう。

その上で、投げ急ぐ癖があるようならば、ゆっくりとしたジャグリングを心がけ、しっかりとストロークを取れるようになりましょう。

ジャグリングをコントロールする時、実際にコントロールできるのは、自分の身体だけです。そして、そのコントロールするのは、ボールを持っている時の時間がほとんどです。ボールを持っている時間を大切にしてくださいね。

しんのすけジャグリング教室情報

錦糸町ジャグリング教室は、よみうりカルチャー錦糸町にて、毎月第1、3水曜日 20:10〜21:30で開講中です。

しんのすけのレギュラークラスは、現在計6ヶ所で開講中。ジャグリングを始めてみたい!という方、お待ちしています。詳しくは、ジャグリングレッスンをご覧ください。

レギュラーレッスンの他に、個人レッスンや出張レッスンも受け付けています。レギュラーレッスンでご都合が合わない方は、こちらからどうぞ。>>お問い合わせ

カウントに合わせて練習する利点とは—錦糸町ジャグリング教室2018/2/21” への1件のコメント

  1. ピンバック: パクチーチキンスパイスカレーをつくりながらジャグリングについて考えた | 大道芸・ジャグリング「ハードパンチャーしんのすけ」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です