10年前から来たメッセージ

家の片付けをしていたら、出てきました。懐かしの公演DVD。

池田洋介×目黒陽介「PLAY」(リンク先のページは、Adobe Flashを使っていて、環境によってはきちんと見れないかも。時代の流れを感じる…)。2008年、今はない門仲天井ホールにて開催した公演です。(…とても寂しい。とはいえ、移転先の両国門天ホールも良いホールです。)

「PLAY」 DVD

2008年公演「 PLAY」

この公演が10年前ですって!この時から色々なことがあったのだなぁ、と思うと感慨深いです。

この公演は、二人の天才、というか、奇才というか、とにかく素晴らしいパフォーマー池田洋介さんと目黒陽介さんの二人の共演が観たくて企画しました。異なるベクトルを持つ二人が一緒に公演をしたらどうなるのか。それを想像した時のワクワク感。それが原動力でした。

初めての打ち合わせをした時に、ふたりから「どうせやるなら単なるオムニバスではなく、ふたりで作る演目が欲しい。」とのことで、その結果、ふたりの魅力が掛け算となる印象深い公演となりました。

私が初めてジャグリングの舞台公演を企画したのは、2006年「堀の外のジャグリング」です。当日は、皆無と言ってもいいくらい、ジャグリングの公演はなかったし(「ドーナツライブ」をはじめ、ジャグリングクラブ等主体の公演はあった)、パフォーマンスの公演もとても数が限られていました。今のライブや舞台公演があちこちで行われていることを考えると、信じがたい状況です。

そんな状況でもあったので、逆に
こんなものが観たい!
ということを強く思うことができたようにも思います。

さて。

今。

自分はどんな景色がみたいだろう。

今回出てきたDVDをみて、改めて思いました。

私がパフォーマーとして歩み始めた時に思ったことは、ひとの笑顔に接する、ひとの笑顔をつくることを仕事をしたい、ということでした。

改めて、こういう原点に立ち返ろうと思います。ただ、立ち返るのではなく、ひとまわり大きな視野で、初志を形にできたら。

「こんな景色がみたい!」という想像を大切に、
一朝一夕で行くことではありませんが、方向を間違えず、ひとつひとつ形にして行きます。

まずはこの春の「深川美楽市」かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です