大道芸でまちに生きる

ジャグリングを職にしてから、様々な大道芸フェスティバルに出演させてもらう機会があり、大道芸で地域に笑顔が溢れる様子をたくさん目の当たりにしてきました。

ごくごく間近で繰り広げられるエンターテイメントである大道芸は、幅広いひとに届き、かつ、場所に合わせた形で柔軟に展開できる、町場に活きる芸能だと思っています。

そして、そんな大道芸で、自分のまちの笑顔を増やせたら。

そう思いつつ、この10年くらい活動してきました。

最近、それが少しずつですが前進しているのを感じます。

  • 清澄白河 深川美楽市 9/24
  • 門前仲町 お江戸深川秋祭り 10/22

どちらも、たくさんのパフォーマーが集まるイベントになっています。

また、主宰ではありませんが、最近は亀戸でも活動の場をもらっています。

  • 亀戸金曜屋台村 8/4
  • 亀戸梅屋敷ビアガーデン 8/20,26,27

こちらは地元の美味しいお店の飲食とともに大道芸をたっぷり楽しめるイベントです。

地域にて、大道芸を活かしてもらえるのは、とても有難く思います。

ひとつひとつ形にして、まちに楽しさを増やしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です